都内一人暮らし40代貧乏OLの収支・資産・給与明細公開ブログ。
平成28年12月、40代半ばにしてようやく資産250万円に到達。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

本給:228,450
職能給:50,000
役職手当:12,000
超勤手当:0(残業0時間)
--------------------
支給総額:290,450

健康保険:12,645
介護保険:2,100
厚生年金:22,323
年金基金:7,650
雇用保険:871
所得税:6,370
住民税:16,700
医療保険:2,169(がん保険)
組合費:2,784
--------------------
削除総額:73,612

差引支給額(手取り):216,838

住民税が100円下がった他は前月と全く一緒。
なので手取り額が先月より100円多かっただけ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

会社帰り、無事にゲリラ雷雨も止んでいたので月曜恒例の食材買い出し。
20170719_photo_1
1,285円也。
アボカド@258円で贅沢してしまった。

20170719_photo_2
りんごとバナナは朝のスムージー用に冷凍。

20170719_photo_3
モロヘイヤも茹でて刻んで冷凍。

発泡酒を飲みながら食材の冷凍処理をしてて、りんごとバナナを1、2個つまみ食いしたら腹が膨れてしまったので、今夜の晩御飯はこれだけ。

20170719_photo_4
おかずは納豆1/2パック&刻みモロヘイヤのみ。
かき混ぜると、納豆のネバネバとモロヘイヤのネバネバが極上のネバネバを醸し出して、口に入れると至福のパラダイス。いつも食べてる普通の納豆がこんな美食に変わるなんて。

納豆は一度に1パック全部食べずに半パックだけ皿に出して、刻み野菜でカサ増しして食べるのが節約かつ栄養バランス的にもいい。と図書館で借りて読んだ魚柄仁之助氏の本「ひと月9000円の快適食生活」で知識を得た。

図書館で借りて読んだ後に現在は文庫本にもなっていると知り、通勤電車で何度も繰り返して読みたいと思ったので文庫本で購入。

20170719_photo_5

全ては真似できないけれど、節約&健康食生活の全てが詰まっていると言える、わたしが今年読んだ本の中でも5本の指に入る1冊。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

きっかけは去年の年末、100万円を定期預金にした時。

その定期預金の利率は1年もので0.03%。
1年預けても300円しか利息がつかない。しかもそれから税金が引かれるので、実際の受け取り利息は300円以下。

100万円を1年預けた利息って、喫茶店でコーヒー1杯飲んで終わりな程度…?

と、実際自分が預金をしてみて初めて現在の銀行の金利の低さを身をもって感じ、今年に入ってからお金の勉強をはじめた。

名前だけしか知らなかった投資信託、NISA、iDeCoが何であるか知ったのは今年に入ってから。


わたしが買って読んだ本はこの4冊。ほぼ古本で購入。
左端は投信ではなく、お金全般についての本。
20170718_photo_2

↓図書館で借りた本。
新・投資信託にだまされるな! ---買うべき投信、買ってはいけない投信

これらの本を読んで、証券会社に口座を開いたのは今年の4月末。

もっと早くにお金の勉強をしていれば、人生が変わっていたかも。
なんて思わなくはないけれど、知らなかったら低金利の中で眠っていただけのお金の使い方に気付けただけでもよかった。



↑投資信託ってなに?というド素人のわたしの入り口になった雑誌。



↑本当に優しくて詳しい。


↑うまい話に騙されないように読んだ。


↑賃貸か持ち家か、節約と消費についての意識の持ち方としてためになった。


↑これはわたしのような未熟者にはハードルが高かった。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

春先から箱買いしている発泡酒のキャンペーンシール72枚コースの商品が届いた。
米、鶏肉、干物の3種選べる中からわたしが選んだのはこれ。

20170717_photo_1

金目鯛とアジの干物。

さっそく金目鯛から実食。

20170717_photo_2

湯煎で食べたら、こんなもんか、という味。干物はオーブントースターで焼いたホクホクな食感が好みかな。
ごちそうさまでした。
アジはトースターで焼いて食べよう。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ

タイトルそのまんま。

この3連休、今までのわたしなら無条件に参加していた趣味のイベントがあった。
けれど趣味費をウェイトダウンするため参加を見送った。


夜、ネットでイベントの事後報告と写真を見て、やはり気分が下がった。
自分で決めたこととはいえ、モヤモヤする。30%くらいは行きたかった。


参加していたら掛かっていたお金は約10,000円。
実際は家に引きこもっていたので出費0円。


モヤモヤする気持ちを発散するため、行きたかった30%の気持ちの分=3,000円を、スポット購入で投資信託に突っ込んだ。

01

国内株式100%のインデックスファンド。

現在積み立てているファンドは全て国内外株式債券リートがバランス良く組み合わされているものばかりなのだけど、国内株式100%はリスクが少し高い。

けど、ストレス発散で買う商品だから、少しくらいリスクがある方がストレス発散効果になるかな、などと。
しかしながら、リスクの高いアクティブファンドじゃなく、リスクも信託報酬も低いインデックスファンドを選ぶあたり、やはり小心者である。


今後も趣味を少し我慢したせいでモンヤリした時は、ささやかな金額で投信のスポット購入をしてストレス発散しよう。


お金大好き。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ